思い出の木

今日、昔住んでいた家の近所を車で通った。
車を止めて外から暫く眺める。  チョッと中に入って裏の様子を見たいが、
小汚い作業着を着た髭ズラのおっさんがウロチョロしていると
不審者騒ぎで危なそうなので止めておいた。
ココは生まれた頃から小学校5年生位までを過ごした懐かしい所だ。
当時は平屋のあばら家だったが今は2階建てのアパートが建っている。
あの狭い庭にあった松の木、柿の木、棕櫚の木は未だに残っていた。
柿の木は私が生まれた時に両親が植えてくれたもので
後年、小さいながら甘い実を沢山付けてくれ秋の楽しみでもあった。
ビワの木もあったな。 あのビワの実も美味しかった。
あの松の木は季節になると毛虫だらけで嫌いだった。
登ると松脂でベタベタになるし・・・
あの家を去ってからもう45年もの歳月が経つが、あの家の間取りや
庭の草花、木の種類まで今でもはっきり思い出すことが出来る。
ある意味、私の心の故郷かもしれない。
心の中では愛犬、ポチやベル、チロも生きている。
e0113977_20503364.jpg

[PR]
by marierit | 2009-11-05 20:50 | その他 | Comments(0)