歩度調整


アンティークの部類に入るのでしょうがこの時計、
 Cal.1030 が載っている1960年頃のモノで半世紀近く経っています。 
最近のモノと違いリューズガードがなく、少し小ぶりです。
平置きでは日差2~3秒にしてあるのですが、傾けると日差-80秒とかなりの違いで
経年変化は避けられません。
日ロレでもオーバーホール対象外機種となっており、OHは近所の時計屋さんです。

e0113977_13235842.jpg


オートワインダーから取り出すと大概10分近くは遅れているし、
その都度 時間を合わせるのですが、ハック機能は付いていないし、
長針を回すときも少しガリガリと違和感を感じるようになった。
あまり竜頭は回したく無いものです。

e0113977_13243561.jpg


で、以前にもアップした事がありますが、
びぶ朗というソフトを使って歩度調整することにしました。
使うのはパソコンで動く びぶ朗というタイムグラファーです。
それにローノイズのマイクアンプと自作のピックアップ。
ピックアップを時計に挟んで測定するだけですが、都度 時計内部の
緩急針を微調整する必要があります。

今回は竜頭を下に向けたときになるべく正確になるように調整しました。
つまり、時計をはめて手を下にした常態です。
結果は日差-0.996秒、逆に平置きでは日差+83秒になりましたが、
ワインダーから取り出した際のズレは気にならなくなりました。

e0113977_1325464.jpg

e0113977_13251772.jpg

[PR]
Commented by at 2010-08-31 22:51 x
ローレックスを直してしまうなんて、すごいですね。

歯医者さんの器具みたいなもので、治すのですね。 笑)
Commented by neoribates at 2010-08-31 23:28
夏用のチュ-ドルの竜頭を巻くとガリガリしはじめました.何回か巻くと歯車が滑ってしまうような感じもあります.修理かぁ~
Commented by hige-to-megane at 2010-09-02 09:19 x
やっぱりロレックスいいですね~。僕も欲しくなります…。
Commented by marierit at 2010-09-02 17:22
♭さん、
直すと言うより弄っているという感じです。
そう、歯医者さんの器具を使います。
Commented by marierit at 2010-09-02 17:23
ご隠居のもそうですか、
ココはフィルムの巻上げと同じように滑らかじゃないとねえ。
Commented by marierit at 2010-09-02 17:33
hige-to-meganneさん、
中古ロレックスも市場には溢れているようですが、
安くなりませんね。
by marierit | 2010-08-31 13:25 | その他 | Comments(6)