牛久

うな丼の発祥地だと聞く 牛久沼だが、
昔々、そう25年も前か? 牛久沼の国道6号沿いを走ると
「うなぎ」 「鰻」「ウナギ」 の看板があちらこちらに・・・
何軒ものうなぎ屋が軒を連ねていた。 
通称、うなぎ街道と呼ばれたらしい。
その中の一軒で とても美味い うな丼を食べたという記憶が
私の脳裏にこびり付いていた。

昨日、東海村での最終の仕事を終え、帰りに蒲焼きを求めて 牛久沼沿いを通った。
ところが・・・   あの頃の賑わいは今は無く閑散としてる。
営業していたのは1軒のみ。 もう1軒は本日定休日。
一抹の不安を感じつつも うなぎと書かれた暖簾をくぐって見た。
先客は2組、 しら〜っとした店内、 窓際に座った。
店内を見回す・・・    『コレはしくじったか?』
ショックが少ないように うな重 梅 1,500円 を頼んでみた。
待つ事、 え〜っ 5分 あっという間に うな重 梅が運ばれてきた。
先日の佐原の「山田」とは大違い。
まあ、過剰な期待はしていなかったのでガッカリする事もなく 食べ終わった。

e0113977_13479.jpg


道すがら、関鉄 佐貫駅から竜ヶ崎間 僅か4.5kmを結ぶ 竜ヶ崎線を眺めてみた。
途中駅は1カ所、入地駅のみ。  本当にローカル線だ。
[PR]
Commented at 2011-09-01 19:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roxanne6 at 2011-09-01 21:28
竜ヶ崎線はまだ未踏地帯です
Commented by marierit at 2011-09-02 17:40
鍵コメさん、
こんにちは。
以前臨界事故を起こした あの東海村です。
これで暫く行かなくても済みます。
水戸は通りすがりに納豆を買って帰りました。
Commented by marierit at 2011-09-02 17:40
六さん、
まだ未開路線はあったのですか。
by marierit | 2011-09-01 13:05 | その他 | Comments(4)