ある実験

e0113977_1329697.jpg

家から100Vの延長ケーブルを引き回し
車の助手席に置いた ONKYOのD/Aコンバーター
DAC-1000に繋ぐ.  マックブック エアーはバッテリー駆動.
マックでのプレイヤーはいつも使っているiTunes経由のAudirvanaで音楽ソースを再生.

車で使っているカーオーデォはパイオニアのカロッツェリアの5年ほど昔のモデル.
カーナビと兼用だが,当時定価ベースで38万円近くしたやつ.
音はカーオーディオなのでそれなりに妥協して聞いていた. 
あとはボディのデッドニングなど車のボディを弄る必用があるが, 
MINIの内装は良く出来ていて,内装からのビビリ音などは
無いのが嬉しい.

最近思ったのは
これにD/Aコンバーター経由でマックでハイレゾ音源やロスレス音源を再生したら
どんな音が鳴るのかなと・・・
車載のAVIC-VH9000は流行のデジタルアンプではなくディバイスはFETで
最大出力は50w×4  ハードディスク内蔵で挿入したCD音源を読み込める.
iPod,iPhoneも30ピン・コネクターで接続可能だが入力はアナログである.
(最新のものならiPhoneからUSBでデジタル入力出来るらしい)
残念ながら私のはUSB入力も光デジタル入力もないがAUX(外部入力)だけはあるので
ここにDAC-1000の出力をつなぎ入り口だけ変えてどんなものだろう?


結果はニンマリ.  音の批評を言葉に変換するのはチト難しいが,
イイ感じだ. 一枚ベールが取れた様な感じで抜けも良い.
そして低音が引き締まりきれいになった.
元の楽曲によっては多少違いは有るものの 違いはハッキリわかる.

一番感じたのは,
カロッツェリアのHDから再生する音, 接続したiPhoneから再生する音は両者とも
似た様なものだが, マックブック エアーからDAC-1000 を通しAUXに入れ
鳴らした音は同じ音量でもうるさく感じない.  ゆったりと包み込まれる感じなのです.
(鳴らしているアンプ,スピーカーは同じなのに)

100vを引き回して車を走らせる訳にはいかないので
12Vから100vに上げるインバーターから電源を取り試しに走りながら試聴してみた.
100vの正弦波は出ていないのは確かだし,インバーターノイズも乗っている
のだろうからコレはホントは使えたものではないだろう.
12vで使えるD/Aコンバーターなら車から電源を取れていいのでしょう.

はて,車にパソコン積んで,D/Aコンバーター積んでまで音楽を聞く人が
居るかどうかは知りませんが,
まあ,私的実験と言う事で.・・・
[PR]
Commented by Neoribates at 2013-04-28 23:21
いやカーハイレゾ,追求してみてくらはい.
できればインバーターを使わない方法で.
Commented by marierit at 2013-04-29 20:12
ご隠居,
追求すると結構かかりますね.
適当にやっておりますが,
最近は FOSTEXの ポータブル DAC
HP-P1というのでお茶を濁しております.
by marierit | 2013-04-28 13:27 | 音楽 | Comments(2)