弦高調整

またまたギターの話です。

OOO-28 気に入って弾いていますが、
チョッと弦高が高めに感じます。 測ってみると
1フレットで1mm、 12フレットで3mmほど。
特別高い訳ではないのですが、12フレットで
2.5mm位の弦高にしたいなあ。  僅か0.5mmの
違いなのですが、弾きやすくなる反面 弦のテンションが
変るので音の鳴り具合も変ってきます。  
調整に出せばサドル、ナット調整もやってくれる様ですが、
手に入れたばかりで手元からなくなるのもいやなので
間に合わせに自分でやってみる事にしました。
上手くいかなければ元のサドルに戻せば良いし。

まず、サドルの材料を買ってきました。 (材質は牛骨 1枚420円)
ブリッジ部の白いサドルを削る事によって弦高調整ができます。
オリジナルを削る訳にはいかないので、 買ってきた牛骨の板を
ヤスリで削り出します。  オリジナルのサドルは頂点が
オフセットで削られており、1、2,6弦と3、4、5弦ではサドルの頂点の
弦に接触する位置が微妙に違います。これは多分オクターブ調整の為でしょう。
これを真似て同じ様に削り、底面も低くしオリジナルより若干
弦高が低くなるようにして取りつけてみました。
結果、やはり微妙に鳴り具合は変りましたが、ハイポジションでは
弦のテンションも少し緩くなり弾きやすくなった感じがします。

今日は新たにTUSQという人造象牙のサドルを買ってきて、
そして削り取りつけてみました。
歌い文句ではリッチなサウンドとサスティーンが得られますとありますが、
確かに違う。 音の伸びと残響音が。
ブリッジのサドル板一枚の高さや材質で鳴り具合も変ってくるなんて、
ギターも奥が深いです。

気になったオクターブ調整ですが、
12フレットのハーモニックスと12フレットの音の差は
私のヘボ耳で聞いた限りでは違和感は無いので
音痴にはなっていないようです。


e0113977_22322551.jpg

OLYMPUS E500 + NIKKOR 50mm F1.4
[PR]
Commented by minton at 2007-09-20 09:58 x
ブリッジ部分がオクターブ用に少しずれてるんですね。昨日自分のやつをみたら、まっすぐでした。
チャキのアーチトップやエレキなどはみんなずれてました。

ぼくもブリッジ交換してみようかな。
Commented by marierit at 2007-09-20 22:21
mintonさん、こんにちは。
ギターは、弦が振幅し、その振動をボディに伝えて音が鳴っている訳ですが、弦がボディとくっつているところはナットとサドルだけなんですよね。 ここをいじると(材質を変えたり、弦との接点部を点にしたり面にしたり)鳴り具合が変って面白いです。 失礼、ココはりーまん先生の専門分野でした。
by marierit | 2007-09-16 22:33 | その他 | Comments(2)