最近の出来事

iMacにVISTAを入れて具合良く使っていたのですが、
ハードディスクの容量があと300MBしかありませんと表示がでる。
パーティションの割り当てを VISTA用に32GBしか
とっていなかったのが原因。 iMac搭載のHDは250Gだが、
そこにマック用とウインドウズ用のOSが入っている。
調子に乗ってアプリを入れすぎたのが原因のようでした。
データーは外付けのHDに入れています。
パーティション変更用のソフトが無い為、しかたなく
VISTAの再インストールと周辺機器のドライバー、アプリなどの再インストール。
数日かけてやっと元の環境に戻りました。
今度は125GBずつ割り当てましたので当分大丈夫でしょう。
そのため、ブログの更新もできませんでした~。


以前、雑誌「無線と実験」の記事を見て製作したものの
実験で終わりそのまま放置しておいたステレオアンプを
引っ張り出し、iPodとつないでみました。
6wほどのミニアンプですが、A級、電源はバッテリー駆動
片チャンネルあたり+-用の2個のバッテリーを搭載。 
合計4個の鉛蓄電池内臓。
えっ、なぜバッテリーかというと電源のノイズが乗らないからです。 
一度の充電で5~6時間ほど使えます。
スピーカーはとりあえずYAMAHAのミニスピーカーを
つないで鳴らしてみました。

 
手前味噌、自画自賛、自己満足の世界ですが、
結果、良いです~。 左右完全独立、電源ノイズ無し。
低域はあまり出ませんが、クリアーで澄んだ音です。
今頃になって役に立つとは思っていませんでした。

e0113977_14223446.jpg

    これで片チャンネルです
[PR]
Commented by Neoribates at 2008-03-02 22:21
おっ,MJで作ったんですね.
バッテリー駆動とはさすが.AC流しながら充電するやつですか?最大出力でも6Wなんて出すことはないのですが,結局余裕で100だの200だのってことになるんですよね.iPod専用とは贅沢ですね.
Commented by marierit at 2008-03-03 19:26
ご隠居、先ほどはどうも。
いや、充電しながらは使えないようになってます。
充電は別電源で行い、充電している間は使えません。
やはり、アンプは電源「命」ですからね。
試しに手持ちの安定化電源をつないで聞くと
ピュアーな感じが伝わりません。
Commented by minton at 2008-03-04 10:40 x
MJのバッテリー駆動のA級とは、理想の形ですねえ。

iMacでVistaが走るんですか。
それもおしゃれですね。Macってデザインに憧れるんですよ。
Commented by marierit at 2008-03-06 15:56
mintonさん、こんにちは。
自作って、ケース(入れる筐体)から先に考えて作らないと
実験で終わっちゃうんですよね。 
ケースの加工なども考えると結構手間がかかります。
自室の床をアルミの削り屑だらけにして
昔はよく女房に怒られました。 

私も買う直前まで知らなかったのですが、
最近のインテルCPU搭載のマックなら簡単に
VISTA走るようです。
昔のような仮想ウインドウズでは
ないのでサクサク動きますよ。



by marierit | 2008-03-02 14:22 | その他 | Comments(4)