M8でポートレイト

先日のルデコでの写真展 『ぼくはアイツのM8がキライだ』
に来訪し、ワタシの写真を気に入り声を掛けてくれた人がいた。
毎週のように何件も写真展めぐりをし、たまたま入った写真展の
ワタシの作品を見て何か感じるものがあったらしい。

話を聞くと、自分は以前モデルをやっていて、今回自分のポートレイト写真を撮ってもらえる
カメラマンを探していると言う。
歳は私と同世代で、昭和50年代にメンス・クラブのモデルや〇〇〇・イッセイや〇〇〇・ジュンコの
ファッションショーのモデルをしていたようだ。 (後日、その頃の写真を見せて頂いた)
昭和50年頃というとワタシも大学生の頃、メンズ・クラブも良く見ていたなあ。
もしかしたらグラビアを見ていたのかもしれない。
その後は別な仕事をしていて、最近になってオヤジ系モデル、特に黒人系の血が入った
オヤジモデルが少ないらしくお声がかかったようだ。
そのモデル宣伝用のコンポジット・フォトを作りたいので
その撮影をして欲しいとの依頼であった。
スナップ写真は撮るけれど、ポートレイト写真なんて柄じゃない。
丁重にお断りするつもりでいたが、あまりにも熱心なので今回かぎりと言うことで
お引き受けした。

撮影は先日の日曜日、場所はヨコハマのとある場所で。
彼も偶然にも住まいはヨコハマでこれも何かの縁か?
さて、撮影の機材はM8だ。 本来なら一眼でバシバシ撮るところでしょうが、
手持ちのデジ一眼はE-410だけ。 全て処分して、それしか今は持っていない。
まあ、写真展の作品はM8で撮ったものだし、それが気に入ったのなら今回もM8でいいでしょう。
先方はカメラにはこだわらないようだ。
しかし、デジタルとは言えスローカメラのM8では撮影のリズムが合わない。
ポーズを取り、表情を変え動く被写体をマニュアルでピントを合わせ、
バッファーの無いM8の連射では追いつかない。
何枚か撮ってはメモリーの書き込み待ち、その繰り返し。
あちゃ~、冷や汗、冷や汗、 それでも何とか撮影終了。
レンズは一番寄れるズミクロン50mm (3rd) 1本のみ。

モノクロをご希望なので、家に帰ってデーターを多少いじり、モノクロ変換する。
何枚か例のPX-5600でプリントしてみたところ、なかなかイケてる。
今日、データCD・ROMを納品。 一緒にノートパソコンで画像を確認する。
撮った写真は気に入っていただけたので一安心。
「グッドラック」 でお別れして来た。
まあ、縁とは不思議なものですね。
こんな出会いがあるんですね、いろいろやっていると。

そんな訳で、
あの日ワタシが席を外している間、お相手して頂いたnoyanさん、
一緒に話した皆さん、事の顛末はこんなんでした。


e0113977_21461192.jpg

               M8 & Summaron 2.8cm/5.6   ブログの話の内容とは関係ありません
[PR]
Commented by andoodesign at 2009-03-05 00:38
おぉ〜、ご活躍ですね!
ポートレートならレンジファインダーカメラの方が雰囲気があってその気になれそうです。
Commented by marierit at 2009-03-06 15:54
andoodesignさん>
こんにちは。  縦位置でマニュアルピント、連射、おまけに老眼では
辛いものがありました。
by marierit | 2009-03-04 21:47 | その他 | Comments(2)