カテゴリ:バルナック( 6 )

37.5度

やはり今日は休んでよかった。
少し熱っぽいようだ。

e0113977_1595030.jpg

Leitz DⅢ & C.Z.TESS 35mm f3.5
[PR]
by marierit | 2009-01-30 15:13 | バルナック | Comments(0)

光線漏れ?

昨日バルナックDⅢで撮ったネガをスキャンしてみたら、なんと光線引きが・・・
スキャナーも疑ってみたが、ネガにはハッキリ筋がある。

e0113977_1636941.jpg

e0113977_163213.jpg


早速分解してシャッター幕の点検をしてみたけれど
特にピンホールは無いようだ。 
e0113977_16325416.jpg

[PR]
by marierit | 2008-05-26 16:32 | バルナック | Comments(6)

無限ズレ

旅行に備えて機材の整備をしていたらDⅢに無限ズレがあるのがわかりました。
かなりのオーバーシュートです。  レンズを換えてもそのズレは変わらないので
DⅢ側に原因があるようです。  調整箇所は以前よりネットなどで調べて
わかっていたので、自分で調整してみる事にしました。
軍艦部の前側のファインダー窓横の小さなビスをはずし、その中に細いマイナスドライバーを
入れ回す。 オーバーシュートの場合は左に回します。 最終的に45度位回してOKと
なりました。 いきなりこんなにズレるのでしょうかね? チョッと気になるところです。

今回の旅行でもって行くカメラは M8、M6そしてDⅢです。
女房と、娘二人もそれぞれ自分のデジカメを持って行く様なので、
家族全員首からカメラをぶら下げて(特に親父は複数を)、バシャバシャと撮り歩く姿は 
はたから見ると異様で、滑稽でしょうねえ。
  私は少し距離をおいて歩くことにしよう。

e0113977_11285293.jpg

E-410 & Zuiko D 25mm f2.8
[PR]
by marierit | 2008-04-29 11:29 | バルナック | Comments(10)

KR

DⅢとminitar-1 で撮ったKRの現像が出来た。
やはりトイモードですね。

e0113977_16504725.jpg

305号が通ったので慌ててシャッターをきる。
Leitz DⅢ & minitar-1 32mm f2.8 (ロモ LC-A レンズ移植) Kodak KR
e0113977_1652836.jpg

この日はあいにくの小雨模様。 
Leitz DⅢ & minitar-1 32mm f2.8 (ロモ LC-A レンズ移植) Kodak KR
[PR]
by marierit | 2007-11-27 16:54 | バルナック | Comments(5)

DⅢその後

りーまんさん、六助さん、穂夏さん昨日はコメントありがとうございました。
今日、一部分解。 巻き上げノブのイモネジを緩めノブを外してみました。 
カウンターダイアル、ワッシャー、シャフトも外し何処が痛んだか覗いてみました。  
シャフトは大丈夫、シャフトを受けている軍艦部分が歪んだようです。 
落とした後にハンドパワーで修正しましたが、これ以上は金づちで裏から叩いて、
水平とシャフトとの垂直を出さないとダメみたいですね。 
コレは熟練が要るでしょうね。 修理屋さんでそこまでやってくれるでしょうか?
軍艦部とカウンターとの隙間が位置によって若干違います。 
でも1mm以内ですけど。 回しながらよーく見るとわかります。
連動しているギアも痛んでいない様で不幸中の幸いでした。
とりあえず、このまましばらく使ってみます。
e0113977_2059134.jpg

[PR]
by marierit | 2007-07-17 20:59 | バルナック | Comments(4)

やっちまった

うちの女房の骨董好きにも困ったものなのですが・・・
今日も、この台風の風と土砂降りの最中ビッグサイトで開催されている
骨董市に行きたいと言い出す。  「お前アホかー?」
午後には天気も回復の見込みとのことで渋々と朝の9時頃
横浜を出発。  天気が天気なので高速も空いている。

10時頃には駐車場に到着と、ココまでは良かったのですが、
運転席のドアを開け、傘をさしながら出ようとしたら
このハッセルブラッド製のウエストポーチからDⅢが飛び出して行った。
アーっと思った時にはすでに濡れたアスファルトの上に落下!
このウエストポーチ、蓋がマジックテープでとまるだけで
チャックもボタンもないんです。 取出しは楽なので、
バルナックライカを入れて腰にぶら下げておくのには丁度良く
重宝していたのですが、まさか飛び出してくるとは。

急いで拾い、車内でDⅢを見ると巻き上げノブが首を傾げている。
裏蓋の角も擦れて地金がでている。
モロに巻上げノブから着地したようだ。
自分の不注意とは言え、しばらく茫然自失。
シャッターを切り、まがったノブを回してフィルムを巻き上げてみると
硬いながらもゴリゴリと回る。 人差し指一本で回ったのになー。
シャッターを切りまたゴリゴリと巻き上げる。
ファインダーは痛んでいない。 二重像も合う。 レンズも無傷。 
シャッターも切り替えられるし、全速切れる。
巻き上げノブが歪んでしまったよー。

女房は私の意気消沈した様子にはお構いなく会場にスタコラ行ってしまった。
残ったフィルムを全て巻き上げ、裏蓋を外す。 フィルムとスプールを
外し中を覗くと内側のシャフトも曲がっている。 当然アレだけのショックが
加わればコノ位は曲がるわな。 
すぐに修理出しかなー? 直るのかなー? いくら位かかるかなー? 
ブレッソンを見に行った帰りに買ったのだからまだ一ヶ月は経っていない。
この所、M8を抑えて稼働率№1だった。

おもむろに人差し指を突っ込みシャフトをグイーと曲がった方と反対に
押してみた。 巻き上げノブもつられて戻る。
折れてもイイヤーとばかりに力を入れてグイーと押し付けると
元に戻った。 巻き上げも幾分軽くなったが落とす前とは違う。
手力、”ハンドパワー”で修正を試みること一時間、  
折れるかも知れないと思ったシャフトも折れなかった。
逆に私の人差し指の腹が凹んでしまったー。
よーく見ると僅かな歪みはあるが、シャフトも、ノブもほぼ元の位置に戻った。
カウンターも動く。
軍艦部が板金だから戻ったのでしょうか? ダイキャストだったら多分無理でしょう。
巻き上げフィーリングは以前と変わっている。 回して行く途中でとチョッと硬くなる
ところがある。 でもこれ以上は素人では無理。 
新しいフィルムを開け、装填してみる事に。 さて写るのでしょうか?
少しは元気が戻り、女房の後を追うことに・・・


憎きHASSELBLADのウエストポーチです。
e0113977_22341237.jpg

OLYMPUS E-500 & NIKKOR-S Auto 35mm/2.8
[PR]
by marierit | 2007-07-15 22:36 | バルナック | Comments(3)