カテゴリ:LEICA X Typ 113( 35 )

women and wine

e0113977_19301104.jpg



恋人は一瓶のワインであり、女房はワインの瓶である.

                      シャルル・ボードレール










[PR]
by marierit | 2016-12-09 19:34 | LEICA X Typ 113 | Comments(0)

e0113977_17573229.jpg

[PR]
by marierit | 2015-06-27 17:57 | LEICA X Typ 113 | Comments(2)

易者身の上知らず

e0113977_8211994.jpg


   
   
   
[PR]
by marierit | 2015-06-19 08:41 | LEICA X Typ 113 | Comments(3)

英字

ジャパンタイムズ, 昔購読していた事があります.
英語の勉強の一環でしたが,
あの頃の私にゃ難しすぎた.  
もちろん今じゃもっと分かりませんが.
休刊してしまったMainichi Daily Newsのほうが馴染みやすかったなあ.


e0113977_8313963.jpg


e0113977_10514781.jpg

[PR]
by marierit | 2015-06-18 08:33 | LEICA X Typ 113 | Comments(4)

右目,左目

眼鏡を新調してみたが,どうもしっくりこない.
特に右目の乱視に合わせた方が・・・

右目の乱視がますます酷くなり,レンジファインダーで2重像を合わせる
撮影も辛くなってきた. 
左目でファインダーを覗けばまだ大丈夫なのだが,
どうも撮影リズムが悪い.
結果,M9よりもLEICAX TYP113のオートフォーカスとEVFの方が楽なのである.
だが,本当はM9のファインダーを覗いて2重像を合わせて撮りたい.
でも,最近はピントズレが続発.
良いのが撮れたと思ってパソコンを開くと見事にピントを外している.
「ああ,ガッカリ」
 そんな訳でTYP113を持ち出す事が多くなったが・・・

e0113977_12282046.jpg

     銀座夜の店
[PR]
by marierit | 2015-06-15 12:29 | LEICA X Typ 113 | Comments(4)

窓越し

e0113977_17393363.jpg

[PR]
by marierit | 2015-06-14 17:51 | LEICA X Typ 113 | Comments(2)

silence

ミニクッパを1年点検に出した.
ついでにタイヤの交換もした.
まだ,溝は残っていたのだが,
このタイヤ走行音がうるさくて・・・

前回,ピレリのP3000を履いていていたのだが,
今回はブリヂストンのGR−X1にしてみたら
ロードノイズはかなり少なくなった.
さて.燃費はどうだろう?

遠乗りをするとリッター15km近くは走るくせに
普段の市街地走行では8kmそこそこ.
何だ,この差は!

e0113977_19551835.jpg

     昨晩の銀座から
[PR]
by marierit | 2015-06-12 20:04 | LEICA X Typ 113 | Comments(2)

連休模様

連休なのですが行く当ては無し・・・

犬の散歩がてら出掛けてみましたが,
犬に引っぱられて撮影どころではありませんでした.


e0113977_18382394.jpg


気温は高いが風は心地良い.
ビールの喉越しも爽やか.

e0113977_1839047.jpg

[PR]
by marierit | 2015-05-03 18:41 | LEICA X Typ 113 | Comments(6)

雨降り

仕事がらみで名古屋に行って来ましたが,
連日雨振りでカメラを持って行っても無駄になりました.

e0113977_21283540.jpg


FM補完中継局とやらでこの秋頃からAMラジオがFMでも聞けるようになるそうだが,
今の所,radikoで十分かな.
[PR]
by marierit | 2015-04-15 21:32 | LEICA X Typ 113 | Comments(6)

Rainy days always get me down.

残り仕事も昨日片付き,暫くは暇そう.
ここ数日の寒さと雨で少し風邪模様だ.

13日,14日と名古屋に行くのだが,そこも雨模様だ.

e0113977_8104370.jpg

               旧山手68番館 
                   この建物の脇を入った「ティールーム閑古鳥」
                   で珈琲を呑む. 上品な老婦人が淹れてくれた
                   珈琲は美味い.
                                                                    
[PR]
by marierit | 2015-04-11 08:11 | LEICA X Typ 113 | Comments(4)