カテゴリ:旅行( 21 )

GW

今年のGWは飛騨高山に行きます。 
昨年の夏も訪れましたが、気温35度、暑いのなんのって撮影どころではなく、
私はひたすら日陰と造り酒屋を探して休んでおりました。 家族は元気に観光中。

はじめて此処を訪ねたのはもうかなり昔の話、30年も前の事でしょうか・・・
時刻表片手の行き当たりばったりの一人旅で、東京から京都、能登金沢、
富山を訪ね高山本線で名古屋に向かう途中、飛騨高山という名前に誘われ
夕方近くでしたがフラッと下車してみました。

駅を出てみると小雪が降っている。 傘をさすのは嫌いなのでコートのフードを被り
みたらし団子を口にしながらさんまち辺りをフラフラと彷徨っておりました。 
あの日は寒くて寒くて観光どころではなく、早くどこかに宿を見つけたい気分でした。
さんまちの久田屋という宿、(今はもう旅館はやめて郷土料理屋になっていましたが)
ここの格子戸をあけて、「すみませーん、今夜泊まれますか」 と訪ねながら
思い出したのは・・・
♪ダンダンディダン シュビダディン オデーェ ディラレーェ♪
とスキャットが流れ、飛騨高山の伝統的な格子戸越しに異国の旅人が映る。
藍染の暖簾を左右に分け古い旅籠を覗き込む青い目の男が、
「スミマセーン」と下手な日本語で声を掛けると「お泊りですか」と和装の
美しい女将がこちらを見つめている。 そして矢嶋正明のナレーション、
    街がある、人がいる、サントリーがある。

そう、サントリーオールドのCMです。
ここ久田屋はそのCM撮影の舞台になった場所でした。
このCMをまだ覚えている方いらっしゃるでしょうか?

「寒かったでしょう、先にお風呂へどうぞ」と案内され、夕食には名物の朴葉味噌と
山菜など飛騨の味をいただきました。

その後も何回が訪れましたが、だんだんと観光地化されて行くのが寂しいですね。
今年は、郡上八幡、白川郷あたりまで足を延ばしてみようと思っています。


↓昨年撮影在庫から
e0113977_16104436.jpg
 
↑R-D1・Super-angulon 21mm F3.4
e0113977_16113273.jpg

↑R-D1・Super-angulon 21mm F3.4
e0113977_1631877.jpg

↑R-D1・Noctilux 50mm
[PR]
by marierit | 2007-04-25 16:13 | 旅行 | Comments(5)