e0113977_14584745.jpg

娘がノートパソコンが動かないと持って来ました。
電源を入れた後、Operating system not foundというメッセージが
表示され起動しません。 
dosから立ち上げてもHDを認識しません。
ディスクは回っているようだが、中ではカコーン、カコーンとヘッドが移動する
音だけ。 娘は泣きべそ、大事なファイルが入っていたらしい。

ノートパソコンからHDを取り出し、ディスクトップパソコンに USB-IDEケーブル
でつないで見た。 結果はやはりHDを認識しない。
過去にチョッとショックを与えると読み始めた事があったので試してみたがダメ。
可哀想だけど御臨終だねと娘に言いながら、星型ドライバーで
HDの蓋をあける。 捨てる前に中身を見ておこうという何時もの癖なのです。
デスク表面は鏡の様に綺麗でこれなら髭そりの鏡に使えるねと娘に言っても
冷たい視線。 チョッとお呪いをしながら、スプレー缶のダストブロワーで
磁気ヘッドまわりを一吹き、二吹き。 
そして蓋を開けたまま、ケーブルにつなぐとカランコローンとヘッドが動き、
なんとディスクを読み始めたではありませんか。
そのままファイルをデスクトップパソコンへコピーしデーターは復旧されました。
何故、読み始めたのか理由は解りません。
お呪いが利いたのかもしれません。

ノートパソコンに再び取り付け起動してみましたが、ファイルが壊れているようで
起動途中でエラーが出てしまいます。 もう、信頼性に乏しいのでこのHDは
再び使う事はありませんが、 何でも試してみる事ですね。
また一つ、面白い経験をしました。
[PR]
by marierit | 2007-03-28 14:58 | その他 | Comments(3)

asakusa

昨日、いやもう一昨日は浅草にてR-D1オフ会の亀吉さんの壮行会。
沢山の方が集まりました。
何枚か写真をアップしてみました。こちらからです。
http://marierit.nobody.jp/html/
menu→others→亀吉さんの壮行会。 合言葉は、紅一点の○○○○○さんです。

e0113977_0384564.jpg

M8 summilux 35mm f1.4 球面 
[PR]
by marierit | 2007-03-25 00:42 | M8 | Comments(6)

ohigan

今日は、午前中に両親の墓参りを済ませる。
午後からは、娘の友人のピアノ会だそうで山手のイギリス館まで
送っていく。 私は迎えの時間まで暇なのでそこらをブラブラ。
e0113977_1920013.jpg

↑この外人女性カメラマン、強烈でした。  ファインダーを覗く形相が凄まじくコワーイ。
 御自慢の高い鼻がカメラからはみ出てるって。
M8 summilux 35mm f1.4 球面 IRカットフィルター装着
e0113977_19234860.jpg

↑この車も迫力あったなぁ。 無人なのに今にも動き出しそう。
M8 BOLOGON17mm F8
e0113977_19275989.jpg

↑ここは毎度の挨拶代わりのショット。 いつもの様に開放で。
M8 summilux 35mm f1.4 球面 IRカットフィルター装着
e0113977_19294295.jpg

↑M8 summilux 35mm f1.4 球面 IRカットフィルター装着
 蔦の緑が綺麗ですね。
e0113977_19303124.jpg

↑ココでIRフィルターを外してみたら・・・ アレ---?
e0113977_1923075.jpg

↑窓フェチなもんで、窓を見るとすぐにシャッターを押したくなる。
M8 summilux 35mm f1.4 球面 開放で
e0113977_19333110.jpg

↑私の車ではありませーん。
e0113977_19343914.jpg

↑そして、気付いたら怪しく元町を歩いていた。
 これも私ではありませ~ん。
M8 summilux 35mm f1.4 球面 IRカットフィルター装着
[PR]
by marierit | 2007-03-21 19:39 | M8 | Comments(3)

色転び 2

いままでに、草木、竹などの緑の発色云々という話はM8愛用者からは
聞いたことがないのですが、私の中ではかなり気になっていました。

マゼンダ被りの他に、もう一つ気になっていたのは草木や竹の緑の発色が
あまりにも悪い事。 (緑に塗られた車や絵の具の色の緑などは大丈夫なのです。)
屋外で、特に日が当たっている草木や竹などを撮ると、
本来の鮮やかでみずみずしいはずの緑ではなく、黄緑がかったくすんだ色になってしまう。
日陰や室内ではそれほどでもないのですが、日が当たってる所ではイヤになるくらい
発色が悪い。 そういう事が予想される場面ではrawで撮って、あとでフォトショップで
いじっていました。 ところがなかなか見てきた色にならない、ホワイトバランスの
調整でもダメ、グリーン系を補正しても他の色に影響が・・・
そんな訳で半分あきらめていました。 
ドイツの森はこんなにくすんだ緑色でいいんでしょうかぁ?
日本の草木、竹、森の色ははもっと鮮やかだよなぁー!


ところが、UV/IRカットフィルターを付けて 草木を試しに写してみましたところ、
これがなかなか・・・

まず↓がUV/IRカットフィルターなしです。 
 M8 jpg 色温度5200k Summilux 35mm f1.4球面  (F2)
 発色、悪いでしょ。 
e0113977_9402227.jpg

↓UV/IRカットフィルター装着後
  木の感じは見た目に近い色合いです。 青空のブルーにチョッと変化が。
e0113977_9413423.jpg


もう一つ
↓UV/IRカットフィルターなし 冴えない色ですね。
e0113977_9434045.jpg

↓UV/IRカットフィルター 装着後。 鮮やかな緑になりました。
e0113977_9444165.jpg


マゼンダ被り以外にも効果がある事がわかりました。
これも赤外線の影響でしょうか?
[PR]
by marierit | 2007-03-18 09:50 | M8 | Comments(9)

マゼンダ被り改善?

M8購入者が貰える UV/IRフィルターは未だ届かないが、 別にオーダーしていた
B+WのUV/IRカットフィルターが届きました (納期1ヶ月チョッと)
ライカにはノクチ用の60mm、ズミクロン、ズマロン用の39mmの2枚を頼みましたが、
それだけでは足りないので49mmを試しに注文してみました。 
コレは、ズミルックス35mm球面とスーパーアンギュロン 21mmf3.4用に使います。
どちらもフィルターを取り付けるネジ溝は無く、フードに組み込むタイプで
通常はシリーズ7の薄型のフィルターを使用しますが、市販の49mmネジ溝付き
フィルターでも厚みがありでチョッと納まりが悪いですが取り付けは可能です。
フィルター面に太陽の光をあてると赤緑ぽく反射するのが判ります。
とりあえず室内で試写すると、
e0113977_1029494.jpg

↑M8 SUMMILUX 35mm f1.4 球面 開放 赤外線カットフィルターなし。
  思いっきりのマゼンダ被り。 開放なので滲んでますが。

e0113977_10305177.jpg

↑ 赤外線カットフィルター 装着して撮影すると、
  マゼンダ被り無くなりました。
  他の色にも多少影響が出るようですがコレだけ改善されます。
  jpg撮りっぱなし、 色温度 5200k、 ファームウエアは 1.092にしてます。 
  1.092ではまだ、赤外線カットフィルター使用には対応していない
  ようですが、 4月に公開予定の1.10では対応みたいですね。


e0113977_10514467.jpg


e0113977_10524582.jpg

↑左、UV/IRカットフィルター  右、シリーズ7UVフィルター 
 両方とも MADE IN GERMANY です。
e0113977_1055210.jpg

↑12504フードに組み込み
e0113977_10562698.jpg

↑ スーパーアンギュロン用 12501フードにも一応、取り付け可能です。
[PR]
by marierit | 2007-03-16 10:58 | M8 | Comments(7)

次のおもちゃは

e0113977_19194133.jpg

次のおもちゃにコイツを手に入れました。 
バルナックライカには手を出すまいと ずっと思ってきたのですが、
何故か急に欲しくなり とりあえず買ってしまったのがこのⅡf。 
最初Ⅲfと思ったのですが、こちらの方がシンプルでスッキリ。 
外見もそこそこ綺麗、 シャッターも全速OK (1/25以下ありませんが)
ファインダー綺麗で2重像もクッキリ、シャッター幕も交換済みの様。
アメリカのDAGという工房でオーバーホールされたモノらしく
シリアルナンバー 71万台で、私と同い年。 歳がばれますね。

露出計の無いカメラを使うのは久しぶり。 
しまってあったMCメーターがセレンが死んで動かないので
露出計なしでの撮影。 屋外ならなんとかなるでしょう。  
テッサー 35mmf3.5 (MS OPTICAL改)を付けてみた。
小さくてとてもコンパクト。ポケットにも入る。
傾斜カムなのでピントの精度は怪しいけど。
M8を置いて、最近はコレばっかり。 
e0113977_19294732.jpg

[PR]
by marierit | 2007-03-13 19:20 | その他 | Comments(14)

中身

さっそく分解してみました。
フィルムは最初からスプール側に巻いてあり、撮るたびにパトローネ内に
巻き上げられて行くタイプなので、ダークボックス内でシャッターを切り、
巻き上げ、パトローネ内に全て収めてから分解を始めます。
これでフィルムも再利用できますね。
フィルムは ISO1600、27枚撮りが入っていた。
古いバージョンでは確か ISO800だったと思う。
フラシュ用の電池は単4アルカリ、これも
携帯オーデイォプレイヤー用に利用。

目的の17mmプラレンズは 2群2枚玉のレトロフォーカスタイプらしい。
ファインダー側も 3群3枚玉の逆ガリレオ式、倍率は0.3倍。

分解はカッターとマイナスドライバー1本で簡単に出来ます。
使いきりカメラではなく、フィルムを再充填すれば再度
広角カメラとして使用可。
ダークボックス内でフィルムをスプールに巻いてから充填し、
フィルムカウンターをセットし直し、再組み立てすればOK
e0113977_9355739.jpg


↓レンズユニット
e0113977_10315816.jpg


↓レンズユニットの裏、絞り穴 f11くらい
e0113977_1032535.jpg


↓やっつけ仕事で形にしてみました。
Lマウントキャップ(アルミ製)に穴をあけ、後玉からフィルム面 or CCD面
まで約20mmを確保できるように裏にスペーサーを噛ませ、レンズユニットを
取り付けます。
LマウントなのでM型に取り付けるにはMLアダプターを使用します。
e0113977_21543893.jpg


右の市販製は絞り固定f16、 左waiwaiワイド取り外しレンズユニット利用の
絞りは固定f11 この違いが効いているようで市販製の方が
若干解像度が良いみたい。 工作精度の違いもあるけどね。
見栄えも違いますが、自分で工作したレンズで撮るのも楽しいものです。
光軸の調整と、フランジバックの調整をしてみます。

りーまんさん他、アドバイス頂いた方々、有難うございました。
[PR]
by marierit | 2007-03-11 09:37 | その他 | Comments(7)

今日の収穫

今まで探しても見つからなかった 「コニカミノルタ waiwai ワイド」 発見しました。
地元の某店にて、レジ横のワゴンの中に埋もれていました。 思わずニンマリ。
ご存知の方も多いかともいますが、これに付いているレンズは17mm。
プラスチックレンズですが、意外と良く写ります。 
賞味期限?は2007年5月までですが、必要なのはレンズのみ。
数日前の書き込みyamateの HEXAGON 17mm f16 に付いている
レンズと同じものです。

こいつを分解してレンズのみ取り出し、MマウントかLマウントに改造します。
とりあえず 3個ゲット。  残りあと10個ほどありましたが・・・
e0113977_17311613.jpg

[PR]
by marierit | 2007-03-10 17:31 | lens | Comments(8)

SUMMILUX 35mm f1.4の球面なんですが、
前のブログにも書きましたが、M8購入と共に買い替えました。
ところが、M8のマウント部に僅かながら干渉することが発覚。
pooyanさんのブログでも触れていたが、ロットによって干渉する固体
と大丈夫な固体が存在するらしい。 私のは350万台だが、infinity付近で
チョッと渋い、干渉しているようだ。 調整は本国、ドイツ送りらしい。
写真のM8マウント下部の白くスジが付いている所、 レンズを装着し
ピントリングを回し、無限近くなるとこの部分にレンズガードが
僅かながら当たり、ピントリングの動きが渋くなるのです。
ロット、固体によって当たる量は異なる様だ。 前に持っていた260万台の
固体はこのガードの部分がもっと繰り出して来たように思う。↓
e0113977_13281692.jpg


ドイツまで送る気は無いので、自分で調整。 調整と言っても後玉の周りのレンズ
ガードの一部を削る訳です。 下手をするとレンズを傷つけたり、削った金属屑が
内部に入る恐れがあるので要注意です。
まずは、入念に養生をする。 金属屑の入りそうなところはマスキングテープを
貼り、レンズ部分にはサランラップをかぶせレンズ面を保護する。↓
e0113977_13341570.jpg


サランラップを貼ったレンズの部分に粘土パテを盛る。 
これはルーター(電動やすり)の刃がレンズに当たるのを防ぐ為。
粘土とサランラップの間にも保護用の薄いプラスチックのシートが
入れてあります。 
これで万が一ルーターの刃がずれてもレンズ面を保護できます。↓
e0113977_13362154.jpg


その上から養生テープを貼り、削る部分のみを露出させる。↓
e0113977_13372621.jpg


この露出したレンズガードの一部を約 0.5-1mmの深さで削る。
(ズミのロットによってもっと深く削る必要があるかもしれません)
削るにはルーターを使います。 削った金属屑は隣に据え付けた掃除機の
ノズルから吸わせます。
削るのに要する時間は、僅か数分。  ↓
e0113977_1342366.jpg


掃除機で細かい塵を吸わせ、またダストブロワーで細かい塵を吹き飛ばしながら
養生テープ、マスキングテープをはがすとご覧の様。
チョッとピントが甘いので見難いかな。
レンズ面も汚れ、キズは無し。 ↓
e0113977_1350337.jpg
 

削った金属の表面は黒くお化粧。↓
e0113977_1351830.jpg


これで、内部干渉もなくなり安心して使える。
コレクターの人なら 「なんてことを」 と思うでしょうが、私は実用本意。
使えなければ意味がない。
さすがにM8側を削る気にはなれませんが。
e0113977_13564666.jpg


これは以前削ったスーパーアンギュロン 21mm f3.4の
後玉縁削り後。 これにより内蔵露出計が使えます。
↓手前はM6、R-D1用に削ったもの、奥側はM8用
e0113977_20402980.jpg

↓奥がM6,R-D1用、 手前がM8用
e0113977_20404153.jpg

[PR]
by marierit | 2007-03-06 14:02 | M8 | Comments(14)

Infinity

今日は午後から銀座までドライブ。 目的地はライカ銀座店。

最近、憂鬱だったのはM8の距離計の無限が来ていない事。 
ほんのわずか来足りない。
ファインダー倍率が0.68のM8だが等倍のR-D1よりははるかにピントが
合わせやすく、精度も高いが遠距離の像は私には少し見難い。
こんなものだろうと疑いもせずに使っていたが、視度調整も必要なので
MS OPTICAL製のマグニファイヤーを付けた。 
これはライカ製のと違い視度調節も付いていて便利。 ファインダー内の24mm枠
は上下左右と目を回すが、ピント合わせの精度がさらに上がる。 ×1.35だが
馬鹿に出来ない。そして、マグニファイヤーを取り付けるようになってから無限が
来足りないのがハッキリわかった訳。
手持ちのレンズの殆どがダメで、レンズの無限まで回しても像は一致しない。 
銀塩のM6では問題なく無限は来るのでM8の方が問題アリ。
ライカ銀座店に電話をすると、距離計調整程度ならその場でやってくれると言うので
さっそく出かける。  以前シーベルヘグナーの頃、品川の三田までM6の距離計の
上下調整をしてもらいに行った事がある。  30分程待たされたが、調整費3150円
だったのを覚えている。

銀座まで高速で1時間弱、車は幸い店前の路上パーキングに停める事が出来た。
初めて入ったが、カスタマーサービスの対応は良かった。
M8とノクチを預け、調整後の相性も診てもらった。
ついでに持っていたM6とズミクロンも点検に。
調整に1時間ほどかかるとのことで、その間酸っぱい店に。
ヴィゾⅢ型が25,000円であったので見せて貰ったが、買うまでには至らない。
今日はブレーキが掛かった。
 
ライカ銀座店にもどり、M8を引き取る。 
やはり、若干ずれていた様で、今度はOK。 ノクチとの相性もOKだそうだ。
購入時からズレていたなら腹も立つが、これはチョッと不明。
また、僅か3ヶ月弱でズレるファインダーならナンダカナアの阿藤海だが。
まあ、距離計はズレるもんだと思っているので、こうしたサービスがあるのは助かる。
費用は、M8はともかく、レンズ3本点検、M6の距離計、シャッター点検含めて 無料。
さあ、これで気持ちよくファインダーが覗けるぜ。
明日の土曜日は江ノ島、鎌倉へ・・・

↓はitamuraさんのブログの写真を真似て
e0113977_17343345.jpg

[PR]
by marierit | 2007-03-02 18:47 | M8 | Comments(7)