<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

GW

今年のGWは飛騨高山に行きます。 
昨年の夏も訪れましたが、気温35度、暑いのなんのって撮影どころではなく、
私はひたすら日陰と造り酒屋を探して休んでおりました。 家族は元気に観光中。

はじめて此処を訪ねたのはもうかなり昔の話、30年も前の事でしょうか・・・
時刻表片手の行き当たりばったりの一人旅で、東京から京都、能登金沢、
富山を訪ね高山本線で名古屋に向かう途中、飛騨高山という名前に誘われ
夕方近くでしたがフラッと下車してみました。

駅を出てみると小雪が降っている。 傘をさすのは嫌いなのでコートのフードを被り
みたらし団子を口にしながらさんまち辺りをフラフラと彷徨っておりました。 
あの日は寒くて寒くて観光どころではなく、早くどこかに宿を見つけたい気分でした。
さんまちの久田屋という宿、(今はもう旅館はやめて郷土料理屋になっていましたが)
ここの格子戸をあけて、「すみませーん、今夜泊まれますか」 と訪ねながら
思い出したのは・・・
♪ダンダンディダン シュビダディン オデーェ ディラレーェ♪
とスキャットが流れ、飛騨高山の伝統的な格子戸越しに異国の旅人が映る。
藍染の暖簾を左右に分け古い旅籠を覗き込む青い目の男が、
「スミマセーン」と下手な日本語で声を掛けると「お泊りですか」と和装の
美しい女将がこちらを見つめている。 そして矢嶋正明のナレーション、
    街がある、人がいる、サントリーがある。

そう、サントリーオールドのCMです。
ここ久田屋はそのCM撮影の舞台になった場所でした。
このCMをまだ覚えている方いらっしゃるでしょうか?

「寒かったでしょう、先にお風呂へどうぞ」と案内され、夕食には名物の朴葉味噌と
山菜など飛騨の味をいただきました。

その後も何回が訪れましたが、だんだんと観光地化されて行くのが寂しいですね。
今年は、郡上八幡、白川郷あたりまで足を延ばしてみようと思っています。


↓昨年撮影在庫から
e0113977_16104436.jpg
 
↑R-D1・Super-angulon 21mm F3.4
e0113977_16113273.jpg

↑R-D1・Super-angulon 21mm F3.4
e0113977_1631877.jpg

↑R-D1・Noctilux 50mm
[PR]
by marierit | 2007-04-25 16:13 | 旅行 | Comments(5)

Sasuke inari jinja

鎌倉の銭洗い弁天から少し行った所に、佐助稲荷神社があります。
銭洗い弁天には多くの人が足を運びますが、こちらを訪れる人は少ないです。
静かな住宅地を行くと「佐助稲荷道」と書かれた石碑があり、
そこから朱塗りの鳥居が立ち並び、石段をのぼりきるとたくさんの狐に出会えます。

社伝によると、源頼朝が伊豆に流されていたとき夢のお告げで旗挙げを促した
「かくれ里の稲荷」を佐助稲荷と名付け祀ったということです。

ココ、私的には結構好きな場所なのです。
荘厳な感じが漂い、鈍感な私にさえ妖気を感じるスポットです。
撮影中も何か背後に感じるモノがあります。

カメラを持った人も見かけます。
この日もフィルム一眼を肩から下げた若い女性、1人と階段ですれ違いました。
甘い香りに誘われて振り返ると、後ろには尻尾が・・・  
なんちゃって。

e0113977_18382061.jpg

↑M8 Super-angulon 21mm f3.4
e0113977_18383818.jpg

↑M8 Super-angulon 21mm f3.4 
e0113977_18384887.jpg

↑M8 Summicron 50mm f2.0 3rd
HPにも写真をアップしました。
http://marierit.nobody.jp/html/
menu→Gallery→鎌倉佐助稲荷神社  です。
[PR]
by marierit | 2007-04-20 18:42 | M8 | Comments(8)

ML両用


ズミクロン35mm8枚玉を持っているのですが、
Mマウント専用と思って使ってきました。
今日、整備中マウント部近くの直径2mmほどの小さな芋ネジ1本を緩め、
マウント部をグイと回すとバヨネットアダプターがはずれ、
何とスクリューマウントが現れました。  ML両用だったのです。
以前、このネジを外すとLマウントになる云々と本に書かれて
いたのを見たので、試しにマイナスドライバーで回そうとしましたが、
とても硬くネジ山を傷めそうでその時は諦めました。
それに、Lマウントのズミクロン35mm1stは最短1mだと
「ライカレンズのすべて」に記載されていたので、
手持ちのものはMマウント固定なんだと思っていました。
ところが、なんとML両用でした。 
最短表示は0.7mですが、バルナックのⅡfでは0.9m位から
距離計と連動するようです。
発売年、1958年、163万台のGermany製です。 
なんでも、ML両用の生産は非常に少ないらしいです。

あれー、もしかして・・・ と思い防湿庫よりズマロン35mmの2.8も取り出す。
これもマウント部はズミクロンと似ている。 マイナスの芋ネジもある。
これもネジ緩め剤を浸透させてからネジ緩めてバヨネットアダプター部を
グイと回すと、クルクルと外れLマウントが現れる。 おー、これもML両用だったんだ。
このズマロンは購入時、店にはLマウントタイプも含め3-4本並んでいたが、
程度の良かったこのMマウントを購入しました。
ML両用とも表示はされていなかった。
これは1959年、169万台のGermany製。

今日はチョッと得した気分。
ズミクロンとズマロンがⅡfでも使える事になる。

e0113977_16142054.jpg

↑この小さな芋ネジです
e0113977_16143761.jpg

↑Ⅱfでも使えるぞ
e0113977_16252742.jpg

↑L39のUV/IRカットフィルターを付けてみました。 光の具合では赤く反射して見えます

M8のファームウエアをV1.102にアップしてみました。
ライカからは未だ無償フィルターは届きません。
自前でB+WのUV/IRカットフィルターを手に入れましたが、
39mm、40,5mm、43mm、49mm、シリーズ7と5枚揃いました。
ライカ ユーザーフォーラム内の記事でレンズ側のマウント部に黒くペイントして
6ビットコードを読ませる事に成功した例があったので試してみました。
http://www.leica-camera-user.com/digital-forum/10494-proof-concept-regarding-self-coding-lenses.html
クロのマジックでペイントしたり、シールを黒白に塗り貼ってみました。
何回かは成功したが、結構シビアでうまく読み込んでくれない。
sharpieの油性マーカーが良いとか書いてあったが、何処で売っているのかな。
[PR]
by marierit | 2007-04-15 16:25 | lens | Comments(7)

高尾のサクラ

オヤジ3人で高尾の桜を眺めてきました。  
時期的には少し遅かったのですが、枝の数、種類の多さにおどろきました。 
e0113977_10452756.jpg

                           M8 Summicron 35mm 1st
 ↑りーまんさん、ご隠居はサクラを撮る、撮る、撮る!
e0113977_11182847.jpg

                           M8 Summicron 50mm 3rd
 ↑一方、私のレンズの向こう側は・・・
                   修行がたりませぬ
e0113977_10523531.jpg

                           M8 Summicron 50mm 3rd
e0113977_17123040.jpg

                           M8 M ROKKOR 90mm
 ↑桜を撮るのはむずかしい  
[PR]
by marierit | 2007-04-09 11:02 | M8 | Comments(7)

骨董市


原宿裏の青空骨董市へ、
女房の趣味のお供です。
東京の桜もそろそろ散りはじめます。
e0113977_13485916.jpg

e0113977_13515766.jpg

e0113977_13544911.jpg

e0113977_14182064.jpg

e0113977_13565046.jpg

e0113977_13592376.jpg

それにしても外人さんの多い事。

私と娘は東郷神社へお参りに
e0113977_1405399.jpg

M8 Summilux 35mm f1.4 球面 (UV/IR ブロッキングフィルター装着)
[PR]
by marierit | 2007-04-01 23:45 | M8 | Comments(8)