<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

落とし物

沼津からの帰り、三島に入ると窓を閉めているにも関わらずウナギを焼くいい臭いがしてくる。
こりゃあもう駄目で駐車場を探しうなぎ屋に入る。
三島もウナギが有名でうなぎ横町なんて所もあるらしい。
食べ終わって腹ごなしに少し撮り歩こうかなんて、街を徘徊し始めて
M9のファインダーを覗いたら何も見えない。
よ〜く見るとマグニファイヤーの接眼部が無い。 
ガ〜ン! 
朝 家で覗いた時は在ったのに、 うなぎ屋からの道筋で落としたらしい。
下を見ながら二往復したが、見つからなかった。
急にモチベーションが下がる。
途中箱根で遊んで行こうと思っていたのに・・・
e0113977_17222784.jpg

   水の都三島の遊歩道


      M9 Summilux 35mm (球面)
[PR]
by marierit | 2011-09-29 17:23 | M9 Lizard | Comments(8)

散歩

子犬の散歩がてら砂浜を歩いた。
もうこのくらいになればトンビに連れ去られる事はないだろう。

聞いた話だが、数ヶ月かのチワワを砂浜で遊ばせていたら急降下してきた
トンビに連れ去られたとか・・・  
確かにここら辺のトンビもたちが悪い。
岸壁で海を見ながら恐妻弁当、いや愛妻弁当を食べていたら
弁当箱ごと持って行かれた事があるし、トンビに食べ物を襲われる
観光客も良く見かける。 トンビから逃げる猫も見た事があるし。

万が一の臨戦用にカメラの一脚を杖にして・・・
e0113977_19301024.jpg

鎌倉を歩くと空もいい感じ。
秋ですな。
e0113977_1923245.jpg

LEICA M9 & Summilux 35mm (球面)
[PR]
by marierit | 2011-09-28 18:25 | M9 Lizard | Comments(4)

山の上で

e0113977_21162350.jpg

西湘バイパスを過ぎ箱根新道を駆け上ると大観山ドライブインの駐車場に辿り着く。 
標高1011m から芦ノ湖と富士山の大パノラマが一望できる筈だったが、
この日は生憎、富士山が雲に隠れていた。 
横浜じゃ33度越えだとラヂオじゃ言っていたが、此処は23度だ。
涼しくて最高!!  空を見るとここでは確実に秋が近づいている。
久しぶりに来たので夕方まで居て夕日でも眺めたかったが、
一人じゃ全く意味が無い。

気を取り直して辺りを見回すと隣に停まっている車から
フル〜ト♪ の音色が聞こえる。
よ〜く見れば歳の頃なら70近いであろう老人が目を瞑り気持ち良さそうに
フルートを吹いていた。
右を見れば赤いオープンカーの中で男女が戯れているし・・・
その向こうではオネーサンたちが記念撮影。
後ろではハンドルの曲がったバイクの連中がたむろしている。
前ではロードバイクのおにーちゃんが一休み。
そんな平日のたわいもない風景・・・

エアコンを切り、窓とサンルーフを開けて走ると風が涼しい・・・
温泉にでも浸かって帰ろうか。

e0113977_21331586.jpg

[PR]
by marierit | 2011-09-15 21:15 | M9 Lizard | Comments(6)

月待ちの空

e0113977_17143126.jpg


中秋の名月、箱根の仙石原高原のススキの下で見ようと思ったが、
時間の都合で夜まで居られず・・・ 
自宅付近で車のムーンルーフ越しに眺める・・・

中秋の名月は必ずしも満月ではないらしい。
だが、今年の中秋(旧暦の八月十五日)は9月12日、
そして満月も丁度9月12日で重なる。
[PR]
by marierit | 2011-09-13 17:14 | M9 Lizard | Comments(6)

台風接近

台風が近づいているというので、 今日は仕事を中止したのに 雨は降らないし風も無い。
時折、日差しなんか出ちゃうもんだから ブラブラと彷徨ってきた。
e0113977_17554876.jpg


明日の天気はどうなのかなあ。 
うちの娘ら、姉妹で国立競技場に嵐を見に行くらしい。
[PR]
by marierit | 2011-09-02 17:51 | Leica X1 | Comments(4)

牛久

うな丼の発祥地だと聞く 牛久沼だが、
昔々、そう25年も前か? 牛久沼の国道6号沿いを走ると
「うなぎ」 「鰻」「ウナギ」 の看板があちらこちらに・・・
何軒ものうなぎ屋が軒を連ねていた。 
通称、うなぎ街道と呼ばれたらしい。
その中の一軒で とても美味い うな丼を食べたという記憶が
私の脳裏にこびり付いていた。

昨日、東海村での最終の仕事を終え、帰りに蒲焼きを求めて 牛久沼沿いを通った。
ところが・・・   あの頃の賑わいは今は無く閑散としてる。
営業していたのは1軒のみ。 もう1軒は本日定休日。
一抹の不安を感じつつも うなぎと書かれた暖簾をくぐって見た。
先客は2組、 しら〜っとした店内、 窓際に座った。
店内を見回す・・・    『コレはしくじったか?』
ショックが少ないように うな重 梅 1,500円 を頼んでみた。
待つ事、 え〜っ 5分 あっという間に うな重 梅が運ばれてきた。
先日の佐原の「山田」とは大違い。
まあ、過剰な期待はしていなかったのでガッカリする事もなく 食べ終わった。

e0113977_13479.jpg


道すがら、関鉄 佐貫駅から竜ヶ崎間 僅か4.5kmを結ぶ 竜ヶ崎線を眺めてみた。
途中駅は1カ所、入地駅のみ。  本当にローカル線だ。
[PR]
by marierit | 2011-09-01 13:05 | その他 | Comments(4)