<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「ライカT」

「ライカT」(Typ 701)がでました.
作例を観ると,こってりとした色乗り.

e0113977_6175153.jpg


やはり,あのビューファインダーはいただけない.
[PR]
by marierit | 2014-04-25 06:18 | Leica X1 | Comments(4)

GW

まもなくやってくる ゴールデンウイーク.
以前は仕事が休めず行けなくても宿だけは予約しておいたものですが,
最近はそんな事もしなくなりました.


e0113977_18271617.jpg



トロイ X−1ばかり使っているが・・・
レンズ面がむき出しで保護フィルターは装着出来ないので気を使う.
3分割のオートレンズキャップも良いのだが,どうも開いた時の
見た目が悪い.
フードを付けてみたりもしたが,これだとかさばる.
で,30mmのフィルターから外したガラスだけ
前面に接着材で貼ってみた.

e0113977_19162649.jpg


同様な商品も海外では見掛ける.
X−1専用のACMAXXレンズプロテクター
輸入すると70ドルだ. 
[PR]
by marierit | 2014-04-22 18:28 | R-D1 | Comments(5)

今日は仕事関係の勉強会があった.
二次会の懇親会で・・・
いつもは影に隠れながら目立たぬ存在で大人しく呑んでいるのだが,
テーブル別 勝ち抜きカラオケ大会が始まり
我テーブルは決勝迄勝ち進んでしまった.
仕方なく決勝で「青い瞳のステラ」を一人歌ったら優勝してしまった.
優勝賞金を歌った3人で山分けしたが,
怖いのはココで目立つと来期の会長職が回って来てしまう事.
酔った勢いの失策であった.

黙ってキッパリ固辞していた方が良いのか,それとも進んで快諾した方が良いのか.
「that is the question」
大阪弁では
「ほな~、どないしょ~」
 と言った所でしょうか.

e0113977_2113232.jpg

[PR]
by marierit | 2014-04-21 21:16 | Leica X1 | Comments(2)

珈琲時

みなとみらいにBMW/MINIのディラーがオープンしたので覗いてみた.
まず,MINIの新型車を見るがサイズが若干大きくなり3ナンバーになってしまった.
これは食指が動かない.
つぎに,隣りのBMWを覗いたが,3分割式のリトラクタブル・ハードトップ
これは良いなあ.  
こちらは食指が動くが,届きません.
e0113977_11473385.jpg


カフェ・ラッテとプディンケーキでヒトヤスミ.

e0113977_11475198.jpg

[PR]
by marierit | 2014-04-16 11:50 | Leica X1 | Comments(6)

昼はカレー

e0113977_1794247.jpg

ゴッドファーザー・スーパーストロングとかいう
インドビールも頼んでみた.
少し甘い味なのでカレーには合うかも.
アルコール分6.5%.  
[PR]
by marierit | 2014-04-13 17:09 | Leica X1 | Comments(4)

I remember the night

忙し過ぎて何も出来ません.
花見も出来ず・・・
e0113977_20305194.jpg

当分ダメです.

今年は花見も満足に出来ず,はや桜も散る時期となりました.
散る桜と言われて強烈に思い出すのは,
もう,onece upon a timeとなりましたが,

昔々,友人と「アメリカン・グラフィティ」を馬車道の映画館に観に行った
帰り道 Dアベニューを友人のワーゲンの助手席に座り,
キャメルを吸いなががら観た映画の話をしていたら・・・

その頃は未だ本牧にはフェンスの向こう側の小さなアメリカがありました.
本牧地区は米軍に接収されており,彼ら専用の銀行,PX(ショッピングセンター)
映画館,ボーリング場,野球場,テニスコート,教会,病院,学校など本土に近い生活を
完結できる環境がフェンスの向こうには整備されていました.
Dアベニューと呼ばれた本牧通りには戦後直ぐ植えられたという桜並木があり,
その両サイドには高級士官用の米軍住宅がありました.
海側をArea-1, 山側をArea-2 そして根岸台はArea-X と確か呼ばれていましたね.
その丘から臨む根岸湾は「ミシシッピー・ベイ」の愛称で親しまれていたとかなんとか・・・
他にもテキサス・ストリート,ケンタッキー・アベニュー,ファースト・ストリートなど,
故郷にちなんだ地名で呼んでいたそうです.
柳ジョージのアルバムにその頃を歌った 「YOKOHAMA AREA2」なんていうのもありましたね.

夕暮れ時だけれどもPXの水銀灯は眩しいほど煌々と光り,入り口には真っ赤なシェビーのオープンや,
コルベットが停まっていました.屋外のバスケット・グラウンドでは
白黒混ざった兄ちゃん達がプレイをしていた・・・

そんな光景を横目に走っていたら,
急に桜の花びらが雨のように降ってきた.
道路は花びらがアスファルトが見えないほど積もり,
そして散る桜の凄まじさで前方が見えない.
丁度雨あがりだったのでフロントガラスやボデイに桜の花びらが纏わり付き,
グリーンのワーゲンが桜色になってしまった.
ワーゲンの小さなリアウインドウには花びらが積もり後方の視界もゼロ.
間門まで来ると友人は映画を観て刺激されたのか,サイドブレーキを引くといきなりスピンタ~ン.
リアエンジンのせいか,濡れた桜の絨毯の上でワーゲンは簡単に180度回転!
その2km余りのDアベニューを行ったり来たり.
助手席のウインドウを開けると室内にもヒラヒラと入ってくる.
雨上がりと入れ替わりに一斉に散り始めた桜の雨でした.
あの光景は後にも先にも一度きりです.

あの時を思い出しては桜の終わる頃,走ってみるのですが,
老木化した今の桜並木では同じ光景は見られません.
そしてあのフェンスの向こうの小さなアメリカも今はもうありません.

 では,
    桜の散る夜にさようなら.
[PR]
by marierit | 2014-04-09 18:50 | その他 | Comments(8)