マゼンダ被り改善?

M8購入者が貰える UV/IRフィルターは未だ届かないが、 別にオーダーしていた
B+WのUV/IRカットフィルターが届きました (納期1ヶ月チョッと)
ライカにはノクチ用の60mm、ズミクロン、ズマロン用の39mmの2枚を頼みましたが、
それだけでは足りないので49mmを試しに注文してみました。 
コレは、ズミルックス35mm球面とスーパーアンギュロン 21mmf3.4用に使います。
どちらもフィルターを取り付けるネジ溝は無く、フードに組み込むタイプで
通常はシリーズ7の薄型のフィルターを使用しますが、市販の49mmネジ溝付き
フィルターでも厚みがありでチョッと納まりが悪いですが取り付けは可能です。
フィルター面に太陽の光をあてると赤緑ぽく反射するのが判ります。
とりあえず室内で試写すると、
e0113977_1029494.jpg

↑M8 SUMMILUX 35mm f1.4 球面 開放 赤外線カットフィルターなし。
  思いっきりのマゼンダ被り。 開放なので滲んでますが。

e0113977_10305177.jpg

↑ 赤外線カットフィルター 装着して撮影すると、
  マゼンダ被り無くなりました。
  他の色にも多少影響が出るようですがコレだけ改善されます。
  jpg撮りっぱなし、 色温度 5200k、 ファームウエアは 1.092にしてます。 
  1.092ではまだ、赤外線カットフィルター使用には対応していない
  ようですが、 4月に公開予定の1.10では対応みたいですね。


e0113977_10514467.jpg


e0113977_10524582.jpg

↑左、UV/IRカットフィルター  右、シリーズ7UVフィルター 
 両方とも MADE IN GERMANY です。
e0113977_1055210.jpg

↑12504フードに組み込み
e0113977_10562698.jpg

↑ スーパーアンギュロン用 12501フードにも一応、取り付け可能です。
[PR]
# by marierit | 2007-03-16 10:58 | M8 | Comments(7)

次のおもちゃは

e0113977_19194133.jpg

次のおもちゃにコイツを手に入れました。 
バルナックライカには手を出すまいと ずっと思ってきたのですが、
何故か急に欲しくなり とりあえず買ってしまったのがこのⅡf。 
最初Ⅲfと思ったのですが、こちらの方がシンプルでスッキリ。 
外見もそこそこ綺麗、 シャッターも全速OK (1/25以下ありませんが)
ファインダー綺麗で2重像もクッキリ、シャッター幕も交換済みの様。
アメリカのDAGという工房でオーバーホールされたモノらしく
シリアルナンバー 71万台で、私と同い年。 歳がばれますね。

露出計の無いカメラを使うのは久しぶり。 
しまってあったMCメーターがセレンが死んで動かないので
露出計なしでの撮影。 屋外ならなんとかなるでしょう。  
テッサー 35mmf3.5 (MS OPTICAL改)を付けてみた。
小さくてとてもコンパクト。ポケットにも入る。
傾斜カムなのでピントの精度は怪しいけど。
M8を置いて、最近はコレばっかり。 
e0113977_19294732.jpg

[PR]
# by marierit | 2007-03-13 19:20 | その他 | Comments(14)

中身

さっそく分解してみました。
フィルムは最初からスプール側に巻いてあり、撮るたびにパトローネ内に
巻き上げられて行くタイプなので、ダークボックス内でシャッターを切り、
巻き上げ、パトローネ内に全て収めてから分解を始めます。
これでフィルムも再利用できますね。
フィルムは ISO1600、27枚撮りが入っていた。
古いバージョンでは確か ISO800だったと思う。
フラシュ用の電池は単4アルカリ、これも
携帯オーデイォプレイヤー用に利用。

目的の17mmプラレンズは 2群2枚玉のレトロフォーカスタイプらしい。
ファインダー側も 3群3枚玉の逆ガリレオ式、倍率は0.3倍。

分解はカッターとマイナスドライバー1本で簡単に出来ます。
使いきりカメラではなく、フィルムを再充填すれば再度
広角カメラとして使用可。
ダークボックス内でフィルムをスプールに巻いてから充填し、
フィルムカウンターをセットし直し、再組み立てすればOK
e0113977_9355739.jpg


↓レンズユニット
e0113977_10315816.jpg


↓レンズユニットの裏、絞り穴 f11くらい
e0113977_1032535.jpg


↓やっつけ仕事で形にしてみました。
Lマウントキャップ(アルミ製)に穴をあけ、後玉からフィルム面 or CCD面
まで約20mmを確保できるように裏にスペーサーを噛ませ、レンズユニットを
取り付けます。
LマウントなのでM型に取り付けるにはMLアダプターを使用します。
e0113977_21543893.jpg


右の市販製は絞り固定f16、 左waiwaiワイド取り外しレンズユニット利用の
絞りは固定f11 この違いが効いているようで市販製の方が
若干解像度が良いみたい。 工作精度の違いもあるけどね。
見栄えも違いますが、自分で工作したレンズで撮るのも楽しいものです。
光軸の調整と、フランジバックの調整をしてみます。

りーまんさん他、アドバイス頂いた方々、有難うございました。
[PR]
# by marierit | 2007-03-11 09:37 | その他 | Comments(7)