タグ:Summilux 35/1.4球面 ( 31 ) タグの人気記事

ズミルックス35mm f1.4 球面を買い直しました。
前回の固体は レンズやけはあるし鏡胴はガタガタで
片ボケはするし、ピントも甘い。
M6で使っていた頃はお遊び程度で稼働率は低かったが、
R-D1にしてからは不具合がやけに気になるので
関東カメラサービスに3ヶ月預けオーバーホールして
貰いました。

戻ってきたズミルックスは抜けていた指標のペイントも入り
見た目は見違えるように綺麗になった。
鏡胴のガタも無くなり、片ボケも気にならなくなった。
ピント精度も一桁上げて調整してくれたと言う。
しかし、R-D1との相性は必ずしも良くなくチョッと前ピンぎみ。
レンズもクリアーになったが、やけの状態は相変わらず。
性格はそのまま、良く滲むし逆光では見事なゴースト、フレア、
まるでバームクーヘン。 
そんなズミルックス1本目でしたが、なんとなく気に入らず
手放してしまいました。 いざ無くなるとあの滲みが懐かしく
再び探し回るが、なかなか気に入ったものは見つかりません。

やっとこさ見つけた今回の固体は350万台で1989年。
前回のは260万台で1973年、16年の差がある。
あまり使われていなかったようで非常に程度は良い。
もちろんカビ、キズは無い。 埃の混入も僅かだ。
コーティングも青紫の綺麗なレンズ、前の琥珀色とは違う。
フードも新品同様、シリーズ7のフィルターも付いている。
まだ実写はしていないが、室内で試し撮りをしたところ
M8との相性もよく、ピントもビッシと来る。 
1.5m程の近距離で手持ちのズミクロン8枚玉とズマロン2.8
と3本撮り比べてみた。 ズマロンに合わせてf2.8で
撮り比べたがおどろいた事にピントが合った部分の
コントラスト、解像度は僅かながらこのズミルックスが
一番良い。 1本目はこんなに良くはなかった。
手持ちのレンズの中では確かf2.8ではズマロンが
一番解像度は良かった。開放でも前の固体とは違う。 
35mmの常用レンズはズマロン2.8だったが、
事によると35mmの常用レンズこれになるかも?

さて写りだか、開放のあのホヤホヤ感、滲み具合、
あの逆光でのバームクーヘン状のフレアーは
出るのでしょうか?
それは、また次回に。

(これは私の手持ちのレンズの中での比較であり、私感による
ものです。全ての固体に言えるものではありません。)


e0113977_10233816.jpg

[PR]
by marierit | 2007-01-21 10:05 | lens | Comments(5)