鉄橋の向こうは

我が町にも在日米軍が居ます。

ここは瑞穂埠頭、通称ノースピアと呼ばれ
在日米軍港湾輸送施設です。
ここに初めて入ったのは小学校1年の時、フェスティバルか何かで
1日開放され、友達と出かけ上陸用舟艇に乗せてもらい横浜港を
1周したのを覚えています。  そのとき生まれて初めてコカコーラを飲んだ。
炭酸といえばラムネか、お正月しか飲めない三ツ矢サイダーだったので
あのときのコーラはまずいような、おいしいような不思議で不気味な味がした。 

ベトナム戦争の頃は夜になると幌はかけられてはいるが砲身で一目で
戦車だと判る車両を積んだでかいトレーラーが行き来していたのを
覚えている。 ここから船積みされていたらしい。
いまでも音響測定艦(中国やロシアの潜水艦探知用らしい)の極東における
アメリカ海軍の「事実上の母港」として使用されている。

その後、縁あってこの施設から仕事を頼まれ度々訪れる事が
あったが、中はアメリカそのものであった。
最近はあちら側の事情が変わったようで行く用事もなくなった。
この橋の入り口には1950年代の雰囲気をそのまま残した
Bar 「StarDust」と「PoleStar」 がある。


e0113977_1592892.jpg

E-410 & Zuiko 25mm f2.8

e0113977_202916.jpg

E-410 & Zuiko 25mm f2.8
[PR]
by marierit | 2008-04-20 02:00 | 4/3